明日から4月ですし

今日も今日とて道坂へ。

で、ひーひー言いながら登っていたらTeam UKYOのジャージ着た外国人が2名下ってきた。

話には聞いていたが、本当にこの近辺走ってるのね、初めて見た。

が、そんな雲の上の話よりも自分の練習。

体の方は疲労しているという程ではないけど、なんか脳が疲労してる感じ。

明日は天気微妙な感じだし、帰ったらぼへーっとして過ごす。

ぼへーっとしてるのはいつもの事だけど。

ちなみに道坂のタイムは28分53秒。全然更新される気配がない。

そのまま道志へ下り、山伏へ。

雪は大分解け、走行に支障はなく。

山中湖を走っても、寒さはほぼ感じない。

まぁ寒さについては時間の影響が大きいので特に参考にはならないと思いますが。

そういや、朝のジテツーもそろそろバーミッツは必要な無さそうな気がする。

一応確認してみたら2℃あった。

行ける。
走行距離:81.34km
月間距離:590.20km

道坂・山伏・山中湖練習

ジテツーでの帰宅後、着替えて練習へ。

道坂を超えて道志へ抜け、山伏へ。

途中、道端になんか白い物が。

白い物っていうか、雪が。

そして雪解け水が道路に。

泥はねとか気にしたくなるような白いジャージなので速度を落としてゆっくりと。

ていうか雪降ったの? そして積もったの?

前回来た時は無かったと思うんだけど。

山伏も超えて山中湖へ。

そして途中で力尽きる。

いや、俺じゃなくてサイコンが。

なんかカタログ値より大幅に短い時間で充電切れる気がする。

正確に計測したわけではないので体感だけれど。

微妙にやる気を失いながら帰宅。

なんか取り寄せたらしい豚丼を食べて満腹満足。

走行距離:58.40km
月間距離:508.86km

スマホだと思ってポケットに入れた物はコンデジでした。

伊吹山ヒルクライムのレーサーリストが発表されました。

チームからの参加者は自分一人。

久しぶりのぼっち参加

ここ最近はチームの人と参加する事が多く、最後に一人で参加したレースというと

落車に巻き込まれてフレームへし折った時以来。

……碌な思い出じゃ無い。

まぁ、ヒルクライムだし、落車も起こらないだろうと思うけど

ヒルクライムでも起こる時は起こるからなぁ、落車。

ま、それはそれとして。ちょっと生活のリズムが変わり、疲労が溜まっている感じなので今日は練習お休み。

……にしようと思ったのだが、帰宅してから携帯電話を事務所に置いてきた事が発覚。

やむを得ず自転車で回収に向かうも。

なんかそれだけの為に自転車乗るのも馬鹿らしいので少し遠回り。

が、疲労が溜まっていると感じるだけあって体が重く、全然進まない。

練習になったかというと絶対になっておらず、単に疲れただけという……

疲れていると碌な事が無い……

走行距離:49.78km
月間距離:450.46km

2016 JCRC第1戦

3時半に起きてダラダラ支度していたらあっという間に出発時刻。

車で富士吉田方面に向かっていたら途中から雪が……

見ないようにしようとしたけど、それだと運転出来ないので目の前の現実を見据える。

道の駅で集合し、乗り合わせて修善寺まで。

今回の参加者は内藤さん、岩下さん、清水さん、堀君、照生君と自分の6人。

とりあえず自分はまだどうにもならんと思うので他の人達のご活躍をお祈りします。

試走では、他の方々に置いてけぼりにされ、レースの予習をさせられる。

IMG_6420

第1区分旧ZクラスことEDクラスに清水さんと堀君が出走。

応援しつつ、岩下さん、照生君、内藤さん、自分の第2区分とも被っているので準備を平行して行う。

招集され、スタート。

岩下さん、照生君、自分のとこはEクラスで紺色のヘルメットカバーを付けているんですが

何故か黒いカバーを付けた方が一緒にスタートし、かつ一人で先行する形に。

「黒い人はどういう立場の人? 追った方がいいの?」的な空気が漂う。

結局、追おうとしたり止めてみたりとなんか妙な感じで最初の坂を登る。

そして坂を下り、再び登り始めると黒い人は黒い人でそんなに離れず。

本当になんだかよく分からない状態で進行。

ちなみにこの間にEDクラスの第2集団を追い抜いたりとかしてました。

そして2周目。

なんとなくペースが上がって徐々に遅れる人が出て、黒い人は先行したまま他6~7人がまとまったり遅れたり。

3周目突入時点で2位~6位とそれ以下が微妙に離れた状態。

ちなみに私はそれ以下の方でした。

ホームストレート+下りで距離を詰めるも、登りで少し離される。

次の下りで更に距離を詰めたかったが、EDクラスに追い抜かれ、隅っこで大人しく。

その後、半混走状態で走行。

最後の登りで照生君に追い抜かれ、結果8位。

で、リザルト確認すると1位の黒い人は他クラスで遅刻し、オープン参加とのことで2位以下繰り上げ。

岩下さんは3位、照生君は6位入賞、自分は7位。

宇都宮クリテリウムでは77位だったし、どんだけ7が好きなんだ俺は。

内藤さんはGクラスにて9位。

照生君の知り合いの高校生、山本君がX1で優勝した他、雨宮君がSAクラスで大逃げを披露して優勝。

表彰式を見た後、御殿場のしゃぶしゃぶ食べ放題のお店で夕ご飯の分まで食べるべく、腹一杯になるまで食べる。

そして、食べ過ぎた。

その後、お店の駐車場で流れ解散。

 

正直、自分で思っていたよりは走れたけど(もっと悲惨な結果を予想していました)

全然ダメなので、日々精進致します。

群馬ロードまでにはそれなりに走れるよう。

第3回 JBCF 宇都宮クリテリウム

前日、自宅から車を走らせて宇都宮へ。

が、到着が早すぎたのでベルモールへ行って開幕プレゼンテーションを観覧。

ついでに買い物をしてから受付会場の方へ移動し、受付&頼まれていたプレートホルダーを購入。

なぜか800円に値上がりしていました。

IMG_6413

その後、監督会議に出席。

結構質問が飛び交っていた。

監督会議を終え、宿に向かってチェックイン。

学校を終えてから宇都宮に着いたチームメイトの照生君ご家族に、一緒に食事でもどうかと声を掛けて頂き、合流。

開幕プレゼンテーションが行われたベルモールで焼肉を食べつつ、明日を含めた今後の事をあれこれお話。

食事を終えて解散。

宿に戻って風呂に入って就寝。

 

レース当日。

割と早起きが身についているので5時頃起床。

しばらくダラダラしていたが、照生君達から駐車場に向かうとの連絡があり、自分も出発。

駐車場で照生君達と合流後、すぐに内藤さんとも合流。

IMG_6374

元々一人で様子見がてら参加するつもりだったので、二人も居ると心強い。

レースは組み分けが別になったので結局一人だけどね!

IMG_6391

観戦したり中村龍太郎君の応援したりしてから出走サインへ。

開始時間丁度に行ったら既に長蛇の列。

早めに行かないとダメですね。

結局、ほぼ最後尾でサインして、待機場所へ。

コースインするまでもなく最後尾ということが分かる状態。

当然コースインしても最後尾。

号砲が鳴り、スタートをすると結構、というかとても速い。

ローリングスタートと聞いていたけど、油断していた。

懸命に踏むも、先頭ははるか遠く。

折り返し地点で先頭は視界に入るが、加減速を考慮するとかなり離れている。

その後、数人のトレインに乗ったりして必死で追うが、差は広がる一方。

結局、その千切れ集団で最後にスプリントして初のJBCFレースは終了。

77位という結果に終わりました。

その後、内藤さんと照生君のレースを応援。

IMG_6402 IMG_6406

見届けてから合流し、自転車を車に積み込み、リザルトの確認をしてから現地解散。

この後、渋滞で苦しめられてから帰宅。

 

落車に巻き込まれたりせず、無事に帰宅出来たのでそれは良かったのですが

出走サインの出遅れに始まり、反省点は多々あるので今後に生かしていきます。

ヤビツ峠と大磯クリテリウム 2016.03.13

少し早め大磯に行って、自転車の組み立て。

体鈍ってるので練習やアップがてらヤビツ峠に。

暖かくなってきたからか、結構な数の自転車とすれ違う。

幸いな事に、追い抜かれる事無く天辺まで。

斜面とかに雪が残っていて、冬用グローブでも結構冷えました。

大磯に戻ってテルキ君達と合流。

おにぎらずとか、色々とごちそうになる。いつも本当にありがとうございます!

今後のレースの予定とか確認していたらいつの間にやら試走時間に。

慌てて出走サインがてら受付へ。

途中でヒロ君と会い、一緒にサイン&試走。

で、試走中。

なんか右のふとともに違和感が。

あれ? もしかして完治してなかった? ヤビツ峠とか登ってる場合じゃなかった???

と、不安になるも、痛みまではいかないので本番も頑張る事に。

スタート後、適当にヒラヒラと走っていると、違和感から徐々に痛みに変わる太とも。

ヒロ君の応援に返事とかしていたのは最初だけで、途中から痛みとの戦いへ。

痛み自体は我慢出来る範囲なんだけど、問題が一個。

これ、痛いだけで済むのか、それとももう一回肉が離れちゃうのか。

前者ならこのまま頑張るけど、後者なら今すぐリタイアしたい。

走っている感じ、悪化しないような気がするので適度に頑張る事に。

そして適度に頑張った結果、下位でゴール。

ゴール後、自転車を車に積んだりしてからヒロ君の応援。

途中、かなりいい感じだったけれど、周回数を間違えたらしく、最終週で沈んで行く。

テルキ君の出走前に龍太郎君と遭遇。

軽く喋った後、スタート前のテルキ君の方へ行くのを見送る。

本日は最終コーナー付近で観戦してたんですけど、カラーコーンに接触する選手、結構多いんですね。

すげービビる。

テルキ君も、一度コーンに接触していた。

尚、結果は無事完走(順位確認せず)

その後、龍太郎君の応援。

やっぱエリートはえーなー、とか言いながら撮影しつつ声援を送る。

そんな事を30周繰り返してゴール。龍太郎君は2位。

表彰台ではペア宿泊券とか貰ってた。

で、表彰式見てから解散し、帰宅して風呂入ってパソコンの前に座っているわけですけど

まだ右足に違和感が……

痛みは引いたんですけど、明日丁度雨っぽいし、養生します。

走行距離:58.09km
月間距離:125.58km

JBCFで使用するプレートホルダー

先日、チーム内でJBCFにて使用するプレートホルダーについて話題になったのでそれについて。

その話題というのはJBCFのレースにおいてナンバープレートを使用するのですが

JBCF GUIDE登録編の12ページに

(8) プレートは JBCF が公認する プレートホルダーを使用し、規定の位置に固定すること。なお、公認の申請をする場合は審査をするの で、3個をサンプルとして、審査料10,000円とともに事務局まで提出すること。審査期間は提出より約一ヵ月を要し、また、このサンプルは 事務局保管とする。

という一文があり、公認ホルダー以外の市販の製品は使えないのでは? というもの。

この一文が記載されているのがJPTの方のみでJETでは特に触れていないので多分大丈夫だろうとは思いつつ

確固たる証拠があるわけではないので問い合わせてみようと思い、実行。

で、返信が来た。

下記URLの様に安全に取り付けられるのであれば市販の物でも構わないとのご回答。

http://www.jbcf.jp/jbcfnews/plate_toritsuke_201202.pdf

 

自分は既に市販品を購入しているのでひとまず安堵。

公認ホルダーも800円(注1)なので、既に持っているのでなければ会場にて前日受付の時に買えばいいと思いますが

レース前日にブレーキを外して付け直す事に不安とかあるのであれば前以て市販品を取り付けておく方が安心ですね。

 

(注1)2016年実績

(※)2016年時点での情報ですので2017年以降も同様とは限りません。(まぁ変更するような事でもないと思いますが)

 

新規立ち上げ

初めましての人は「はじめまして! よろしくお願い致します!」以前のブログ等をご存知の方は「引き続きよろしくお願い致します!」

以前のブログのレイアウトが崩れるとか、その他色々とあったのでWordpressでやる事に。

といっても、こちらはこちらで設定とか全然いじってないので、しばらくは試験運用的に色々と試しながらこっそりと。

自由度は高いけど、正直何をどうしたらいいのか分からない部分が多いので長い間こっそりと進行しそう。

プラグインとか使ってみたい物は色々とあるけど、英語なので目を回しながらやってます。

本栖湖キャンプ 二日目 2016.03.06

午前1時頃。

トイレ行きたくなって目が覚めたんですよ。

ここはまぁいい。

水分取り過ぎたから、仕方ないというか、これ自体はどうでもいい。

でまぁ、トイレ行きたいけど、起きてトイレまで行くの面倒臭いなぁ、なんて思ってると

なんか聞こえてくる訳ですよ。

なんかっていうか、音楽が。

大音量という程でもないけど、寝ようとしたら確実に邪魔になる程度の音量で。

最初は、近くの別グループかと思ってたんですが、意識を集中すると明らかに遠くから聞こえてくるんですよ。

トイレも行かないとならないし、とりあえずテントから出て耳を澄ませてみると

なんか、方向的には対岸方面から聞こえてくるんですよ。

対岸って、何km先だよ。

まぁ、実際は山とかで反響してるだろうから対岸からではなく

どっか近場のキャンプ場か何かで音楽かけてんでしょうけど

それにしたって距離とか考えると現地では相当な爆音になると思うんですけど、本人達は大丈夫なのだろうか?

耳とか頭とか。

で、トイレ行って戻って寝袋に入るんですけど、やっぱり寝入る邪魔になる程度にはうるさい。

これは眠れないかも……とか思ってたんですが、割とあっさり眠れました。

で、朝。

5時過ぎに起きた時点では流石にもう音楽は聞こえてこず。

後に、抹茶ピンさんに聞いてみると爆睡していたので全く気付かなかったそう。

まぁ俺もあの音量で起きたかと聞かれると怪しい程度の音量だったしなぁ。

とりあえず風が強いのでテント内でゴロゴロ。

スマホいじりながら時間を潰す。

スマホは暇つぶしにはいいアイテムだよなぁ……。

で、しばらくぼへーっと過ごしていたんだけど、特にする事もないのでテント内を片付け。

車に荷物を積んでいると微妙にパラパラ降ってきたのでテントも撤収。

が、これ以降雨が降る事は無かった。

CIMG0453

とりあえず朝食用に買ったカップ麺に使うための水を汲みに水道へ。

CIMG0454

道中、大分遅い日の出。

CIMG0455

初めて食べる金ちゃんヌードル。

こういうのってたまに食べると美味しいと思うけど、そう頻繁に食べようとは思わない。

この後は、湖畔でまったり過ごす。

ちなみに、この時点でまだ太ももの痛みはそれなりに残っていました。

筋肉痛ではなく、別の何かっぽいけどそれほど痛くもないので放置。

8時くらいにキャンプ場を後にし、コンビニ寄ってから昼飯を食べる為にガストへ。

だがメニューは朝食用だった。

そんなこんなで遅い朝食とドリンクバーでダラダラしてから猿橋駅に向かい、抹茶さんとお別れ。

次回は長野の方へ行く予定らしいが、自転車絡みでどうなるかは分からず。

まぁ、参加出来たら参加するって感じで。

2ヶ月ぶり2回目の本栖湖キャンプ 2016.03.05

朝起きても相変わらず筋肉痛が続いているので朝練しようという気持ちが霧散。

まぁ元々時間的に無理があったから仕方ない、みたいな言い訳を並べていたら抹茶ピンさんから遅れるという連絡が。

……やる気が出なかったから仕方ない。

一通りダラダラした後、猿橋駅まで車で抹茶さんを迎えに。

大体月一ペースで会ってる気がする。

気がするっていうか、会ってる。

とりあえず少々早めだけどお昼を食べる事に。

西桂にある「うどんの駅」へ

CIMG0430

国道沿いにあり、前を通ること数百回。

「その内食べに行こう」と思いながら一度も入る事の無かったお店。

多分今回抹茶さんと一緒じゃなかったら一生入らなかった。

CIMG0429

注文したのは人気ナンバー1らしい肉汁うどん。

心なしか、麺が少ないような……?

そして何故お肉は桜肉じゃないんだろう……?

うどんを食べたらフォレストモールへ行き、薪と炭、食料を買い込みます。

今回のキャンプ場は本栖湖の浩庵キャンプ場。

はい、年末に続いて連続2回目です。

元々は別の場所の予定だったのですが、予約でいっぱいだったりなんだかんだでこちらに。

CIMG0432
富士山が見えない。

まぁそんなものは毎日見てるからいい。

CIMG0431

薪を集めて

CIMG0433

抹茶さんが焚き火台をセットして

CIMG0434

いつでもまったり出来る状態に。

なお、風も強い上に結構暖かいので開始しばらくは火を起こしませんでした。

本を読んだりしながら適当くつろぎ、思い出したように焚き火開始。

CIMG0441

もはやこれがないと始まらない、キャンプの定番焼きマシュマロ。

CIMG0442

をクラッカーでサンド。

CIMG0440

キャンプ場に似つかわしくないAmazonボックス。

の内側で抹茶さんがコーヒーを入れてくれ

CIMG0443

マシュマロをin

あれだ、なんかもうマシュマロというだけで女子力高いな!

CIMG0444

抹茶さんの作ってくれた……えーと、エリンギとベーコンの何か。

多分、ホイル包み焼きとか、そんな名前でいいと思います。

美味しかったです。

しばらくダラダラした後、お風呂へ。

お風呂から出たらお夕飯へ。

CIMG0448

抹茶さんが作ってくれたベーコンときのこの雑炊。

なお、米ではなく麦を使用。

麦単品で食べた事は無かったけど、大変美味しかったです。

ご飯食べた後は明日の朝、雨が降るという予報を信じてお片付け。

その後就寝。

ちなみに、自分が何もしていないように見えますが本当に何もしていないのでご安心下さい。