毛無山・十二ヶ岳・鬼ヶ岳 縦走 2017.11.28

朝、いつも通りに目覚めて朝食食べて車に荷物積み込んで出発。

西湖の……あの駐車場なんて言うんだろ?

漁民荘とかの近くのトイレとか東屋とかあるあの駐車場。

あそこでひーくんと合流。

その後、ひーくんの車で毛無山駐車場へ。

ちなみに今回の写真は全てそのひー君の提供です。

思い切り登山者用って書いてある。

今まであまり意識した事なかったけど、登山者用とか書かれてる駐車場って割と珍しいような気がする。

ちなみに平日だというのに自分達以外にも駐車場に一組居ました。

朝靄の中をトンネル方面に向かってテクテクと。

今回のルートは毛無山から十二ヶ岳、金山、節刀ヶ岳、金山、鬼ヶ岳の縦走。

五湖台の方もその内行ってみたいけど、本日は右へ。

ひとまず毛無山山頂へ。

んで、山頂にこのポストがあり、登山届けとかが入ってるんですけど

普通は登山口に置いておく物では……とか思ってたんですが後日調べたらなんかノートが入っているらしく、コメント書かれていたりするそうです。

サクサクと十二ヶ岳方面へと。

いや、途中で明らかに数あわせの場所とかあったけど。

吊り橋渡ったり

ひでーところ登らせられたりしてから

どうにか十二ヶ岳へ。

少々早いがホットサンドで昼食。

一休みしてから金山方面へ。

そしてその山頂。

ここで右へ行き、一旦節刀ヶ岳へ。

金山から節刀ヶ岳へはほぼダラダラ歩くだけの穏やかな道。

鬼ヶ岳……だと思う。

雪頭ヶ岳からの景色。

この後は増えた体重により、足をガクガクいわせながら下山。

 

なんだかんだで結局朝靄が出てた以外は一日晴れていてそれなりに気温も高く

中々快適な登山日和でした。

 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

いま、ふたたびの富士山へ

朝3時半に起床。

眠い目を擦りながら朝ご飯を食べて車に乗って出発。

コンビニでおにぎり7個と麦茶とコーラを購入。

5時20分頃、水が塚駐車場に到着。

村上さんと袴田さんをしばし待つ。

シャトルバスは、6時始発だったがチケット販売開始後、席が埋まり次第出発する模様。

尚、ツイッターで20回目の富士登山とか呟いたけど

20回目か21回目か、正直分からないので少ない分には問題ないだろうと20回目という事にしておきました。

その後、お二人と合流し、6時半のバスで5合目へ。

雲一つ無い快晴で、絶好の登山日和。

ちなみに日焼け止めをバッチリ忘れました。

んで、富士宮ルートも既に3回目で、特にこれといって目新しいものもなく淡々と山頂へ

剣が行ったりしてから下山。

なんだかんだで暗くなってからバス乗り場に到着。

その後は相変わらず酔いそうになりながらバスに耐えて駐車場で解散。

 

ほぼ自分用メモ

今回は試しにランニングシューズで登ったんですが

足の裏がとても痛くなりました。

駐車場でガックンガックンしながら歩く程度には痛くなりました。

多分登山靴の方がトータルでは楽でダメージ少ないと思う。

おにぎりは7個で丁度いい感じ。

おやつ的なアレコレは種なしの梅干しが相変わらずいい感じ。

飲み物は2リットルで十分だけど、他にも500mlが二つあると他の人のフォローに回せる。

日焼け止めはどうせ忘れるから長袖のTシャツ着てった方がいい。

カメラは恐らくもう使う事もない気がする。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

2016年 富士山マイカー規制

富士登山する際に、マイカーで行く方の為に2016年のマイカー規制期間を。

なお、自転車はマイカー規制中でも通行可能です。

 

山梨県・富士スバルライン(吉田口)
7月10日(日曜日)~8月31日(水曜日)

静岡県・ふじあざみライン(須走口)
7月10日(日曜日)~9月10日(土曜日)

静岡県・富士山スカイライン(富士宮口)
7月9日(土曜日)~9月11日(日曜日)

※静岡県の御殿場口はマイカー規制がありません。

 

雪頭ヶ岳・鬼ヶ岳・鍵掛峠 2016.01.24

朝起きて、すぐに外を確認するとベランダや車の上に雪が僅かに積もっている。

が、道路は白くなっていなかったので出かける準備。

朝ご飯を食べてから西湖の駐車場まで移動。

H君と合流し、登山開始。

登山道に入る前の住宅地から既に雪が積もっているので軽アイゼンを装着。

ちなみに今回昇る雪頭ヶ岳と鬼ヶ岳は去年、同じような時期に登った際

途中で道が分からなくなって引き返した事があるのでそのリベンジマッチです。

先週、雪が降った後に数名登った人が居るようで、足跡を利用しつつザクザク登っていきます。

途中、景色の開けたところで写真を撮ったり、軽めの休憩をしたり。

鎖場というか、ロープの張ってあるところを越えて、以前道が分からなくなったポイントへ。

今回は普通に足跡もあり、問題なく通過。

道が分かれば前回も行けたと思われるが、分からなかったもんは仕方ない。

ひとまず雪頭ヶ岳へ。

富士山はよく見えるが、甲府方面から黒い雲が。

天気予報は一日晴れだったんだけど、明らかに降るだろこれ。みたいな雲。

天気予報を信じ、鬼ヶ岳へ。

足跡からして歩いた人が減った印象。

途中、下る必要があるんですが、この時に靴の中に雪が。

スパッツ持って来れば良かったと軽く後悔。

そんな一幕を挟みながら鬼ヶ岳登頂。

この頃には頭上は黒い雲に覆われていました。

で、お湯を沸かしてカップ麺に注いで待っている間に雪が降ってきました。

ちなみにこの時の気温はマイナス13℃くらい。

カップ麺食べて撤収し、鍵掛方面へ。

しばらく歩いていると、再び快晴。

山の天気は変わりすぎる。

鍵掛峠の分岐で根場方面に。

一か所、雪崩が起きたっぽい場所がありましたが、特に問題なく下山。

雲取山 鴨沢コース 一泊二日(テント泊) 2日目 2015.10.18

日の出を見るために3時半にアラームを掛けるも

周囲の雑音やら足音やらで3時前には完全に目が覚めた状態。

隣のH君も起きてコーヒー飲んだりしてた。

のそのそ起きてテント内で準備して、外に出たら満天の星空。

だがデジイチは無い。

ダメ元でスマホで撮ってみたけど、やはりダメだった。

そんな事をしてからアタックザック担いで雲取山山頂方面へ。

途中、小雲取山があるらしいのだが、どこだか分からずに通過し、山頂へ。

1445384118128
この他に、山梨県版と埼玉県版があります。

まだ薄暗いながらも、結構人が居た。

日の出時刻になっても、雲が出ているせいか太陽は見えず。

結局15分くらい遅れてようやく太陽を拝む。

もう用はない、と言わんばかりにテントまで引き返す。

荷物が軽いと足取りも軽い。

テントに戻って朝食。

1445384140544

わざわざ重量増やしてまで持って行ったバウルーシングルでホットサンド。

あ、食パンは先日販売開始した大豆粉食パンです(唐突に挟まれるCM)

山頂で食べると美味しく感じるね、例え少々焼きすぎていても。

朝食を済ませて、テント内部を片付けてからテントを乾かせつつ撤収。

フライシートや本体はそれほどでもないけど、グランドシートはびっしょり。

といっても、天気もいいので割と速く乾きました。

完全に撤収し、下山開始。

1445384157237

昨日は雨降ってて撮る気にもならなかったツイストツリー。

1445128138668

昨日は雨降ってて寄る気にもならなかった七つ石山。

そのまま下って七ツ石小屋に立ち寄り、水場で飲料水の補給と休憩。

ついでにバッジの購入。

そのまま下って駐車場に戻り、車で帰宅。

雲取山 鴨沢コース 一泊二日(テント泊) 1日目 2015.10.17

天気予報は午前中は雨、午後から曇りという予報。

朝起きた時点で霧雨だったけど、登るって言っちゃったので雲取山登山へ出発。

5時にH君と合流し、奥多摩湖へ。

本降り、とまではいかないけど小雨というにはやや強い雨。

まぁ、行けるだろ。というわけで鴨沢駐車場(?)に駐車。

NCM_0350

準備してレッドブル飲んで出発。

尚、今回は雨が降っているのでデジイチはお留守番。

国道を歩き、住宅地を抜け、なんかよく分からない山道を抜けて、舗装路を歩き、ようやく登山口へ。

NCM_0352

多少強くなったり弱くなったりする雨の中をテクテク歩き、何度かの休憩を挟んで七ツ石小屋へ。

この付近では、雨が大分強くなっており、本降りになってました。

小屋の方にこの先のルート(七ツ石山経由or巻き道)について教えて頂き

一見距離は短いが時間が掛かるらしいので七つ石山はスルー。

尾根道にぶつかった辺りで雨は上がるも、霧に包まれている感じ。

そのまま尾根道を歩いて奥多摩小屋に行き、テントの設営料支払ってからテント設営。

NCM_0360

設営自体は散々やったので手慣れたもの。

レインジャケットやらザックカバーをテントの上で干し、内部で寝床を整えてからダラダラと過ごす。

そして夕飯の支度。

1445302082814

調子に乗って米2合炊いて、カレーライス。

明らかに米の方が多い。

そして日本一周中にも思ってたから今更なんだけど、米炊くの面倒臭い……

というか炊いた後始末が面倒臭い。

分かっててやったけど、面倒臭い。

これはアレだ、4人以上のグループとかでわいわい言いながらやるとかじゃないと

面倒臭いという印象の方が勝つ。

単独とか、各々で食事する場合はラーメンとかアルファ米とかの方がいいわ。

いや、分かってたけど。

なんかこう、「山の上で米炊くのって素敵☆」みたいなお花畑思考してたんですよ。

懲りたのでもうやらないけども。

1445302110518

そして飯食ってしばらくダラダラゴロゴロして、あまりにも暇なのでお酒に逃避。

そもそも好きでもないので逃避出来なかったけど。

夕日みたり星眺めたりしてから就寝。

意外と寒くなく、無駄に持って行ったブレスサーモジャージと寝袋で心地良く眠れました

鳳凰三山 夜叉神の森→薬師岳→観音岳→地蔵岳→広河原 一泊二日(小屋泊)

土日を利用して小屋泊で登山に行ってきました。

シルバーウィーク? なにそれ?

9月19日 1時30分に起床。

1時30分に起床とか、書いてて意味不明だけど。

まぁ、とにかく起きて準備だけは済ませてあるので糖分補給の為に野菜ジュース飲んでから車で出発。

流石に時間が時間なだけあって、車も少ない為、ストレス無く移動。

合流&買い物の為にH君宅近くのコンビニへ。

この時、時刻は3時過ぎ。

まぁ普通に飲んでる人とか居るよね。

ていうかこの時間に起きてくる人とかあんまり居ないよね。

朝食と昼食用におにぎり買ったりしてるうちにH君がやって来て荷物を車に。

この時、60Lのザックを持って来たH君を見て

「あれ? 俺の荷物少なくね?」みたいな感じで多少不安になった(当方30Lのザック)

いや、ネットで調べたら小屋泊なら特別荷物も必要ない感じだったから

日帰り登山の荷物プラス歯磨きセットと替えの下着、お酒しか持って無かったんだよね。

結論から言うとお酒は持って行っただけで飲まなかったんだけど。

それはそれとして車で夜叉神峠登山道入り口の駐車場まで移動。

連休初日の朝4時頃なら余裕で駐車出来ました。

着いてからトイレ行ったり一応の準備だけしてから日が昇るのを待ち

5時20分に結構明るくなったので出発。

IMG_3671

夜叉神峠登山道から登り始め

IMG_3672

僅か数十秒で帰りたくなる。

いや登るけども。

IMG_3675 IMG_3677

朝日が差す登山道をテクテク歩く。

IMG_3683 IMG_3685 IMG_3693 IMG_3695 IMG_3698 IMG_3699

で、夜叉神峠へ。

軽く休憩してから再度出発。

IMG_3704 IMG_3705 IMG_3706 IMG_3708 IMG_3709 IMG_3712 IMG_3713 IMG_3715 IMG_3717 IMG_3720 IMG_3721

南御室小屋で昼食。

IMG_3722 IMG_3723 IMG_3724 IMG_3728 IMG_3730 IMG_3731 IMG_3732 IMG_3733

で、宿泊予定の薬師岳小屋へ。

手続きしてお金払って、荷物置いて。

特にする事がないので小屋に置いてある漫画や雑誌を読んでみる。

ヤマノススメを読んでみた。

結構面白い。

が、流石に1時半起きは眠気がやばい。

雑誌読みつつテント泊用のザックとか調べるけどあんまり頭に入ってこない。

そうこうしている内に夕食の時間。

写真は無いけど、おでんでした。

「薬師岳小屋 夕食」とかで検索すると出てくるあのままでした。

で、眠気がとんでもない事になっていたので食後、少し休んでから就寝。

小屋の明かりが点いていようがアイマスクがあれば気にせず眠れるぜ!

というのはさておき、一人当りの寝るスペースがかなり狭い。

一つの布団に二人で寝るような感じで、隣の人が身動ぎすると接触する。

日本一周中に身につけた無駄スキル「寝返りを打たずに寝る」を実行しても、隣の人が動くから大した効果はない。

なので、夜中(かどうか分からないが)何度か目が覚めた。

2日目。

5時に小屋の明かりが点くが、それ以前からガサゴソ音がしていて、何組かの人が準備したり出発したりしていた。

自分達も日の出を見るために小屋を出て見晴らしのいい場所へ。

IMG_3736

この写真を見るとなんかやってくれそうな気配があるけど、雲のおかげで微妙な感じの日の出でした。

小屋に戻るも、朝食は6時からなので特に何をするでもなく、ダラダラと過ごす。

そして朝食を食べてから多少まったりし、初バッジを購入後に出発。

IMG_3741 IMG_3761 IMG_3765

なんかやけに格好いい富士山を背にテクテク歩きます。

IMG_3767 IMG_3775 IMG_3780 IMG_3783 IMG_3786

天気は上々、薬師岳小屋から10分くらい歩いたかな? 薬師岳へ。

IMG_3801 IMG_3802 IMG_3807

稜線歩くのって、登山してる感があって好き。

IMG_3825

観音岳。

IMG_3827

遠くに見える、地蔵岳のオベリスク。

IMG_3826

実際の距離。

IMG_3852 IMG_3854 IMG_3858

少し寄り道して地蔵岳へ。

日本百名山として鳳凰山の名前があるけど、薬師岳、観音岳、地蔵岳の三つで日本百名山の一つっぽい。

なんでそんな事になったんだろう?

IMG_3891 IMG_3901 IMG_3906 IMG_3908 IMG_3909

この鉄ハシゴ、下から見るとそうでもないけど上から下ってくる時は結構怖い。

雑感として。

夜叉神から薬師岳、観音岳、地蔵岳までは結構歩きやすい。

地蔵岳から広河原へ下りるのはなんか怠い感じ。

ゴーロはあるわ上記鉄ハシゴはあるわ全体的に日当り悪くて岩やら木の根が滑りやすい。

傾斜も急なので、かなり脚に来る。

あと個人的に、山小屋泊は性に合わないと感じた。

狭いとか食事がどうとかって話ではなく

なんかこう、飯とか寝床が用意されてる状況って普通の旅行と変わらないなー、と。

わざわざ面倒臭い事やってんだから寝床と夕食朝食もある程度自力でどうにかしたいというか

非日常感が欲しいのとは少し違うんだけど

テントで寝る時のワクワク感って捨てがたい物がある。

小屋泊は小屋泊で人と接点が多くなるので絶対にNGとまでは言わないけど

多少荷物が重くなってもテント泊がいいかなー。

実際やってみたら「やっぱ小屋泊がいい」とかになる可能性が捨てきれないけど

「テント張って寝る」行為自体は去年散々やってるから多分大丈夫。

 

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

富士登山

朝、5時前に目が覚める。

出発は6時という事になっているので多少早いが、そのまま起きる。

周囲を確認するとすぐ近くに友人Mさんの車が。

寝ている間に無事到着したらしい。

朝食を済ませて着替えたり準備をしていると、起き出してくるMさんとHさん。

同じく準備をし、二人がトイレに行ってくると行って戻ってくると

御殿場登山道、案内だと7時間と書いてあるが実際は10時間くらい掛かる。という話を聞いてきたらしい。

Mさんの体調が万全とは言いがたい上、流石に10時間掛けて登ったところで

下ってくる頃には真っ暗である。

それで再びどうするか話し合った結果。

とりあえず水ヶ塚公園に行って、シャトルバスの時間等を確認し

登るかどうかも含めて決めるという事に。

水ヶ塚公園に移動し、また休憩で駐車。

シャトルバスの時間を確認すると30分毎に一本、22時まで出ているらしく、復路も同じとのこと。

出発の時刻は大分遅くなってしまったが、いくらなんでも22時までには戻ってこられるということで

富士宮口から登る事にし、係の人に駐車料金1000円を支払って車を移動。

IMG_3086

準備自体は御殿場口で終えているので、シャトルバスの発車時刻まで時間を潰して乗車。

マイカー規制だけあり、全く他の車が居ないのは快適だったけど

登山道に続く道だけあって、かなり上下左右に揺れる。

少し酔いそうになりながらも、外の景色眺めたりして気を紛らわせる。

30分ほどバスに揺られ続け、富士宮口登山道入り口へ。

自分達以外にも数人同じバスに乗っており、先に登っていく。

IMG_3090
五合目

実際はこの下に階段があったり売店やトイレがあったりするけど、ここからスタート。

IMG_3088
駿河湾を見下ろす。

頭上には雲はほとんどなく、綺麗な青い空が広がっていて、絶好の登山日和。

ゆっくりと登りながら雑談しているとあっという間に六合目。

IMG_3092
六合目の山小屋。

宿泊も出来るし、山小屋なんだろうけど

普通に土産物などが置いてあるので印象としては売店に近い。

疲れてもいないし、焼き印を押す訳でもないのでスルー。

IMG_3094

上を見上げると、山頂らしき物が。

IMG_3102

真っ青な空をバックに、テクテク登ります。

IMG_3104

たまに休憩も挟みます。

水分補給は大事なので。

7月半ば、それも平日という事もあって登山客はまばら。

とても快適に歩けます。

IMG_3118

そんなこんなで新七合目。

吉田口は山小屋多すぎて忘れたけど、富士宮口は五,六,新七,元祖七、八、九、九合五勺、山頂と、山小屋があります。

ここでは軽く休憩だけして、とっとと次へ。

IMG_3125

気付けば頭上にも雲が出て来た。
IMG_3133

そんな感じで元祖七号目。

元祖とか新とか、何がどうなってこうなったのか。

IMG_3136

結構な急勾配を登って

IMG_3139

八号目。

登り始めた時は、ここが頂上だと思ってたんですよね。

この登山道登るの2回目だというのに。

IMG_3145

で、八号目。

最初は麓側のベンチに座っていたんですが、風が冷たく、普通に寒くなってきたので山頂側のベンチへ。

ここで名古屋で飲食店にお勤めの方とお話。

というかこの方、同じバスだったんですが、園芸なんかに使うイボイボの着いた緑色の棒を持ってまして

なんだろう、とは思ってたんですが、聞いてみたら山頂でシャボン玉を作る為の道具だそうで。

人が入れるレベルのシャボン玉を作るらしく、シャボン液も何か色々と混ぜて割れにくくしてあるらしい。

富士山でシャボン玉とか、なんかかっけー。

と、そんな感じで雑談後、出発。

そして九合五勺。

……いや、この区間も適当に雑談しつつダラダラ登っただけなんで。

IMG_3148

時折見かける小鳥。

調べたらホオアカっぽいんだけど、よく分からない。

IMG_3149

「あばよ!」と言わんばかりに飛び立っていった。

そんな感じで小鳥に癒やされつつ山頂に向けて歩き出す。

が、Mさんが寝不足もあって調子が悪く、少し休憩する事に。

IMG_3152
気持ち良さそうだ。

そしてその横でHさんと昼食。

一つ前の休憩でおにぎりを一つ、食べてしまったのでおにぎり二つを平らげる。

この時点で「あー、これ絶対に途中でお腹空くわー……」と確信する。

ていうかおにぎり三つじゃ足りないな、俺の場合。

むしろなんで行けると思ったのか、昨日の買い出し時の俺を殴りたい。

若干回復したMさんも食事を摂ってから再出発。

IMG_3156

近いようで、意外と掛かる。

IMG_3157

相変わらず適当に雑談しながら、Mさんを引き離しつつ登ります。

IMG_3159

で、浅間大社奥宮に到着。

IMG_3160

「竜の巣だ!」とか言いながら休憩しつつMさんを待ち、剣が峰方面に。

IMG_3174

遙か先に見える剣が峰。

まぁ、道のりでも200m程なんですけど。
IMG_3175

雪の残る火口。

IMG_3177

そして日本最高峰へ。

写真撮ったり軽く休憩してから下山。

が、降り始めた直後に雨に降られる。

さっきまですげーいい天気だったのに!

すぐにレインウェアを着込んで雨対策

で、雨に降られながら20分ほど下っていたら雨が上がる。

まだ周辺に雲は残っているし、念のためにレインウェアは着たまま。

Mさんが、やはり調子悪いらしく、ゆっくりと下る。

なんだかんだで、シャトルバス乗り場に着いたのが19時50分頃。

20時発のバスがあったのでそれに乗って後は何もしなくても駐車場まで……

と、思って居たのだが。

バス、すげー揺れる。

もうこれでもかって位揺れる。

周囲も暗い上、体力消耗してるせいか、酔いました。

「後○分我慢すれば駐車場……、後○分我慢すれば……」と頭の中で繰り返しながら揺られる。

なんとか吐いたりはしなかったものの、衰弱が激しい。

もうヘロヘロな状態で靴を履き替えたり着替えたり。

少し休んでいくという二人に別れを告げ、近くのコンビニまで移動。

が、近くのコンビニが遠い。

駐車場で少し休めばよかったと後悔しつつコンビニへ。

とりあえずおにぎりだけ買って車に戻り、休憩。

なんとか多少回復してから家路に。

結局、自宅に帰り着いたのは22時前。

風呂に入ってから布団に倒れ込むように就寝。

富士登山前日

15日に友人二人と富士山に登る為

夜8時に家を出てスーパーで翌日の朝食や昼食を買い込んだ後

富士宮口登山道まで車を走らせる。

以前登った事がある場所なので特に問題なく車を走らせていると

霧が出て来て、更に進むと地面が完全に濡れている。

明日晴れるといいなー、なんて思いつつ運転し

富士宮口入り口の交差点を曲がるとなんか赤いランプが点き、警備員さんが止まるように指示している

霧が濃いので「霧で通行止めかなー?」なんて思っていたら

まさかのマイカー規制。

聞けば、今年は7月10日からマイカー規制に入っているらしい。

完全に失念していた。

っていうか今年早いな、おい!

富士宮口から登るのであれば水ヶ塚公園駐車場に車に駐めてバスがタクシーで、とのことなので

とりあえず水ヶ塚公園まで移動し、後から来る友人に連絡を取る事に。

で、水ヶ塚公園に着いたら登山するのであれば駐車料金1000円払うようにとのこと。

ここから登るかどうかも分からないので一時駐車で車を駐めて(1時間以内なら無料)

友人に連絡を取ると同じくマイカー規制を失念していたらしく、折り返して電話するというので

自分も他の登山口のマイカー規制とかについて調べる。

結果、分かったのは御殿場口は毎年マイカー規制は行われない、という事。

折り返しの連絡を待って、色々と話し合った結果

御殿場口から登る事になり、御殿場口に移動。

時期的にも早い上に平日なので、車もそんなに駐まっていない。

後部座席を倒してマットを敷いて、朝冷えるだろうから寝袋を体に掛けて就寝。