第2回 JBCF みやだ高原ヒルクライム&第8回 JBCF みやだクリテリウム

朝7時半に自宅近くのコンビニで菅谷さん一家と合流し、自転車共々乗せて頂く。

目指すは長野県宮田村。

予定していた時間よりも早めに到着。

10時前、既に暑い。

暑いっていうか、熱い。

ここ最近、暑さにやられてはいたが、日光を浴びずにいたのでなんか余計にキツイ気がする。

ライセンスコントロール後、そのまま監督会議が開催される部屋で暑さを逃れる。

室内で扇風機が稼働しており、快適。

その後、監督会議。15分ほどであっさりと終わる。

軽くアップがてら走るが、練習してないので体が重い重い。

で、その後は時間まで暑さに耐えながらダラダラと汗を流す。

この時点で既に若干気持ち悪い。

12時くらいに検車と出走サインを済ませて自転車を置いて日陰へ。

みんな可能な限りに日光を避けていた。

時間になり、スタート地点まで移動。

んで、スタート地点。

日光がばっちり当たり、げんなりする。風が吹いているのだけが唯一の救いである。

E1,E2でスタート直後に落車があったという話を聞き、低いテンションが更に下がる。

スタート後、とりあえず1kmくらいは問題なく走れたがその後は頭がクラクラとしだしたので

レースとか完全に諦めて無理しないように走る。

水を飲みながら淡々と走っていたが、それでも負荷は掛かるらしく

8kmくらい走ったところで寒気が。

慣れているので「あ、これ熱中症だ」と判断。

こんな事に慣れたくはないけど。

残り2kmちょっとだし、ゴール地点のキャンプ場に水道があるというのは監督会議で聞いていたのでここから更にペースを落として走る。

もはやタイムなんて関係ないけど、57分11秒でゴール。トップ差18分39秒。

待っていてくれた照生君と水道まで移動し、水をがぶ飲みし、頭から水を被ってある程度落ち着く。

下山後、あれこれやってから飯食べにいってホテルで風呂入って就寝。

 

翌朝。

もう起きた時点で調子悪いけど走らないのはアレなので

覚悟決めてジャージ着て出かけるまでダラダラ。

起床が早いけど、やる事ないので。

相変わらず菅谷さんの車に乗せてもらってコンビニ寄ってから会場へ。

既に暑い。

自転車を組んでから暑さに耐えつつ観戦。

照生君のレース。

一周した時点で遅れ、最終的にはDNF。

群馬の時も思ったけど、ユースって速いなぁ……

ギア比制限あるのに。

競技中断時間を挟んでE3の予選。

まぁダメだろうと思っていましたが、やっぱりダメでした。

一応完走扱いというか見做しゴールみたいな扱いらしいけど

ポイント付かないしDNFと変わらない。

P1の決勝を観戦してから帰路へ。

帰りにコンビニ寄ってアイス買って日焼けというかもう軽度の火傷状態になっている顔に押し当てながら朦朧とする。

拾ってもらったときと同じコンビニで下して貰い、帰宅。

日焼けが痛くて風呂なんて入っていられないので温めのシャワーで汗流して布団に倒れ込む。

 

熱中症やらなにやらでダウンしてたので練習とかしてなかったわけですが

さすがにこれじゃまずいのでどうにかして練習……というか根本的に体調どうにかしよう。

夏場にここまで調子悪かった覚えもないので、水分とったり栄養とったりくらいしか思いつかないけど。

 

走行距離:37.60km
月間距離:77.31km

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車レースへ
にほんブログ村