第13回 Mt.富士ヒルクライム 2016.06.12

いつも通り3時に起床。

朝ご飯を食べ、着替えたら、する事もないし時間も早いので

事務所行って翌日の準備しつつ適当に暇つぶし。

5時過ぎに出発し、清水さんのお宅へ。

ご厚意で車を置かせて頂ける事になったので。

準備して清水さん、清水さんのお父さん、岩下さん、堀君と会場へ。

到着時には既に大勢。

5合目へ行く荷物預かりも残り10分程度。

慌てて自転車を待機場所に置いて荷物を預ける。

コバリンのテントに集まり、チームで写真撮影したり雑談したりしながらスタート待ち。

スタート時間少し前に待機場所に移動。

自分の自転車のところに行くと、何故か地面に液体が広がっている。

ボトルの底の部分が割れ、中のドリンクが大分減っていました。

なんでこのタイミングで……

とりあえずいくらか残っている水を飲み、割れている方を上向きにセット。

まぁもうほとんど残っていないので意味なんてほぼ無いんですが。

暑くなりそうだし、水無しだと不安がでかいですねー。

なんて思いながらスタート。

北麓公園から計測開始地点までの移動中に先頭付近まで行きたかったが

人多すぎて無理。

5分前にスタートした第二ウェーブの女性も多数居て、なかなかカオスな状態。

おまけに進行方向右端では、スタート地点に向かうであろう方たちが

バイク先導で走ってくるので余計に詰まる。

結局、それほど前に出る事なく計測開始。

料金所まで少しペースを上げて前の方へ。

自分より少し速めの集団に乗ろうと思っていたらいいペースの小集団が。

が、このトレイン、自分より少し速いどころかとても速かった。

これ絶対5kmも持たないとか思っていたら、案の定2kmくらいで脱落。

そこからは適度に頑張りつつダラダラと登り、脚がいくらか回復するのを待ち

1合目前の駐車場でコバリン関係の方々の前でだけ涼しい顔して走る。

その後、相変わらず適度に頑張りながら3合目付近でなんとか行けそうな感じになったので

可能な限り踏む。

この時点までにかなりの人数に追い抜かれたので

幸いにもそれなりのペースの小さい集まりがいくつかあり

ちょっと着かせてもらっては軽い休憩を挟みペースを上げて追い抜き

ちょっと着かせてもらっては軽い休憩を挟みペースを上げて追い抜く。

そんな感じでじわじわとペースを上げて行き、20km地点に。

前日に滝口さんから貰ってフレームに張ったペース表を見ると15分切りは問題ない。

あとはどの程度タイムを縮められるか。

奥庭駐車場を越えて、フラットな部分でなるべく集団を利用したいが

50mほど先にちょっとした集団がある。

が、自分の周りにはちょうど誰も居ない。

当然追いつくべく踏み込むわけですが、追いつく前に何故か集団崩壊。

仕方ないので勢いそのままに踏み続ける。

途中、何人かと協力するが、長くは続かず。

最後の洞門を抜けた辺りでスプリント開始。

なんか微妙に脚が残った状態でゴール。

タイムは1時間13分14秒で初のシルバータイム。ちなみに男子総合464位。

それ自体はやはり嬉しい。

けれど、ゴール前のスプリント、もっと早い時点から始めても脚は持っただろうし

最序盤のハイペース時以外ではそれほど苦しい思いをしていなかったりと

レースに対する取り組み方の部分に、自分の中で色々とモヤモヤしたものが。

で、モヤモヤしたまま着替えて下山準備し、下山。

下山後、テントで龍太郎君が入賞を逃したを教えて貰って、清水さんと清水さんのご自宅へ。

お風呂をお借りし、お茶まで頂き、休憩してから大石さんのご自宅へ。

結構遅くなったのでもう大勢居るかと思いきや、

居たのは準備して下さった方々ばかりで、参加組はほぼ誰もおらず。

その後ちらほら集まり、バーベキューというか、打ち上げ開始。

毎度思うんですけど、イベント後の打ち上げてってなんというか、いいですよね。

毎度会場と料理などを提供して頂いている大石さんには感謝してもし足りない。

まったり飲んだり色々と話して盛り上がってから片づけをして解散。

その後、清水さんと〆のラーメンを食べてから清水さんを送り、帰宅。

走行距離:55.08km
月間距離:385.69km

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車レースへ
にほんブログ村

 

2016年 富士山マイカー規制

富士登山する際に、マイカーで行く方の為に2016年のマイカー規制期間を。

なお、自転車はマイカー規制中でも通行可能です。

 

山梨県・富士スバルライン(吉田口)
7月10日(日曜日)~8月31日(水曜日)

静岡県・ふじあざみライン(須走口)
7月10日(日曜日)~9月10日(土曜日)

静岡県・富士山スカイライン(富士宮口)
7月9日(土曜日)~9月11日(日曜日)

※静岡県の御殿場口はマイカー規制がありません。

 

スバルライン試走

起床してから朝食を取った後、練習の集合時間までかなり余裕……というか暇があるので

とりあえずパソコンにて色々と作業。

部屋の片付けとか、中断したままなのでやらないと、とか思うのだが

思ってるだけじゃいつまで経っても終わらないので練習の後でやる事に。

作業も一段落したところで5時過ぎ。

集合時間は8時。

余裕というか、暇。

やることも無いので、道志経由でスバルラインへ行く事に。

なんだかんだ支度して出発したのは5時半。

経験上、極端にのんびりしなければ2時間半で行けるはずなので

飛ばしすぎてバテないよう気をつけながら淡々と走って道坂・山伏を越えて山中湖へ。

微妙にお腹が空いてるような気がするが、羊羹とかあるし、大丈夫だろうとコンビニをスルー

そのまま集合場所である富士北麓公園へ。

監督と佐藤さん、山中さん、堀君、国明君が集合場に。

佐藤さんはお仕事らしく、ジャージではなかった。

栄次さんが既に出発していて、山中さん、国明君が二人で先に出発。

15分空けてからスタートするようにと厳命され、従う。

滝口さんが、集合時間を勘違いしたらしく、遅れてきた後、和光さんが顔出しに。

少し雑談してから滝口さんに遅れ、自分と堀君もスタート。

今まではあまり意識していなかったけど、信号から料金所まで大体2分ほど。

料金所で200円を支払ってから計測開始。

堀君の後ろに付いてしばらく走るが、1合目まで保たずに切れる。

疲れとか以前に、単純に空腹で。

とりあえず羊羹を頬張って踏むも、まぁそんな簡単に回復するはずもなく。

ドンドンペースが落ちて行く。

2個目の羊羹を口に入れようとポケットをまさぐるが、どこにあるか分からない。

しばらく格闘した後、ようやく羊羹を口に入れる頃には割と本格的にハンガーノックな状態に。

そこからは省エネ走りでとにかく5合目を目指して走る。

4合目過ぎのフラットな部分に差し掛かる頃に多少回復してきたが、それでも30km/hにすら届かない

そのままダラダラ走り、終了。

1時間38分掛かりました。

これ、去年1発目のタイムよりも更に悪いんだけど、まぁ仕方ない。

次の練習の際には補給食多めに持って行って、山中湖辺りで食べよう。
走行距離:120.90km
月間距離:510.63km

富士登山

朝、5時前に目が覚める。

出発は6時という事になっているので多少早いが、そのまま起きる。

周囲を確認するとすぐ近くに友人Mさんの車が。

寝ている間に無事到着したらしい。

朝食を済ませて着替えたり準備をしていると、起き出してくるMさんとHさん。

同じく準備をし、二人がトイレに行ってくると行って戻ってくると

御殿場登山道、案内だと7時間と書いてあるが実際は10時間くらい掛かる。という話を聞いてきたらしい。

Mさんの体調が万全とは言いがたい上、流石に10時間掛けて登ったところで

下ってくる頃には真っ暗である。

それで再びどうするか話し合った結果。

とりあえず水ヶ塚公園に行って、シャトルバスの時間等を確認し

登るかどうかも含めて決めるという事に。

水ヶ塚公園に移動し、また休憩で駐車。

シャトルバスの時間を確認すると30分毎に一本、22時まで出ているらしく、復路も同じとのこと。

出発の時刻は大分遅くなってしまったが、いくらなんでも22時までには戻ってこられるということで

富士宮口から登る事にし、係の人に駐車料金1000円を支払って車を移動。

IMG_3086

準備自体は御殿場口で終えているので、シャトルバスの発車時刻まで時間を潰して乗車。

マイカー規制だけあり、全く他の車が居ないのは快適だったけど

登山道に続く道だけあって、かなり上下左右に揺れる。

少し酔いそうになりながらも、外の景色眺めたりして気を紛らわせる。

30分ほどバスに揺られ続け、富士宮口登山道入り口へ。

自分達以外にも数人同じバスに乗っており、先に登っていく。

IMG_3090
五合目

実際はこの下に階段があったり売店やトイレがあったりするけど、ここからスタート。

IMG_3088
駿河湾を見下ろす。

頭上には雲はほとんどなく、綺麗な青い空が広がっていて、絶好の登山日和。

ゆっくりと登りながら雑談しているとあっという間に六合目。

IMG_3092
六合目の山小屋。

宿泊も出来るし、山小屋なんだろうけど

普通に土産物などが置いてあるので印象としては売店に近い。

疲れてもいないし、焼き印を押す訳でもないのでスルー。

IMG_3094

上を見上げると、山頂らしき物が。

IMG_3102

真っ青な空をバックに、テクテク登ります。

IMG_3104

たまに休憩も挟みます。

水分補給は大事なので。

7月半ば、それも平日という事もあって登山客はまばら。

とても快適に歩けます。

IMG_3118

そんなこんなで新七合目。

吉田口は山小屋多すぎて忘れたけど、富士宮口は五,六,新七,元祖七、八、九、九合五勺、山頂と、山小屋があります。

ここでは軽く休憩だけして、とっとと次へ。

IMG_3125

気付けば頭上にも雲が出て来た。
IMG_3133

そんな感じで元祖七号目。

元祖とか新とか、何がどうなってこうなったのか。

IMG_3136

結構な急勾配を登って

IMG_3139

八号目。

登り始めた時は、ここが頂上だと思ってたんですよね。

この登山道登るの2回目だというのに。

IMG_3145

で、八号目。

最初は麓側のベンチに座っていたんですが、風が冷たく、普通に寒くなってきたので山頂側のベンチへ。

ここで名古屋で飲食店にお勤めの方とお話。

というかこの方、同じバスだったんですが、園芸なんかに使うイボイボの着いた緑色の棒を持ってまして

なんだろう、とは思ってたんですが、聞いてみたら山頂でシャボン玉を作る為の道具だそうで。

人が入れるレベルのシャボン玉を作るらしく、シャボン液も何か色々と混ぜて割れにくくしてあるらしい。

富士山でシャボン玉とか、なんかかっけー。

と、そんな感じで雑談後、出発。

そして九合五勺。

……いや、この区間も適当に雑談しつつダラダラ登っただけなんで。

IMG_3148

時折見かける小鳥。

調べたらホオアカっぽいんだけど、よく分からない。

IMG_3149

「あばよ!」と言わんばかりに飛び立っていった。

そんな感じで小鳥に癒やされつつ山頂に向けて歩き出す。

が、Mさんが寝不足もあって調子が悪く、少し休憩する事に。

IMG_3152
気持ち良さそうだ。

そしてその横でHさんと昼食。

一つ前の休憩でおにぎりを一つ、食べてしまったのでおにぎり二つを平らげる。

この時点で「あー、これ絶対に途中でお腹空くわー……」と確信する。

ていうかおにぎり三つじゃ足りないな、俺の場合。

むしろなんで行けると思ったのか、昨日の買い出し時の俺を殴りたい。

若干回復したMさんも食事を摂ってから再出発。

IMG_3156

近いようで、意外と掛かる。

IMG_3157

相変わらず適当に雑談しながら、Mさんを引き離しつつ登ります。

IMG_3159

で、浅間大社奥宮に到着。

IMG_3160

「竜の巣だ!」とか言いながら休憩しつつMさんを待ち、剣が峰方面に。

IMG_3174

遙か先に見える剣が峰。

まぁ、道のりでも200m程なんですけど。
IMG_3175

雪の残る火口。

IMG_3177

そして日本最高峰へ。

写真撮ったり軽く休憩してから下山。

が、降り始めた直後に雨に降られる。

さっきまですげーいい天気だったのに!

すぐにレインウェアを着込んで雨対策

で、雨に降られながら20分ほど下っていたら雨が上がる。

まだ周辺に雲は残っているし、念のためにレインウェアは着たまま。

Mさんが、やはり調子悪いらしく、ゆっくりと下る。

なんだかんだで、シャトルバス乗り場に着いたのが19時50分頃。

20時発のバスがあったのでそれに乗って後は何もしなくても駐車場まで……

と、思って居たのだが。

バス、すげー揺れる。

もうこれでもかって位揺れる。

周囲も暗い上、体力消耗してるせいか、酔いました。

「後○分我慢すれば駐車場……、後○分我慢すれば……」と頭の中で繰り返しながら揺られる。

なんとか吐いたりはしなかったものの、衰弱が激しい。

もうヘロヘロな状態で靴を履き替えたり着替えたり。

少し休んでいくという二人に別れを告げ、近くのコンビニまで移動。

が、近くのコンビニが遠い。

駐車場で少し休めばよかったと後悔しつつコンビニへ。

とりあえずおにぎりだけ買って車に戻り、休憩。

なんとか多少回復してから家路に。

結局、自宅に帰り着いたのは22時前。

風呂に入ってから布団に倒れ込むように就寝。

富士登山前日

15日に友人二人と富士山に登る為

夜8時に家を出てスーパーで翌日の朝食や昼食を買い込んだ後

富士宮口登山道まで車を走らせる。

以前登った事がある場所なので特に問題なく車を走らせていると

霧が出て来て、更に進むと地面が完全に濡れている。

明日晴れるといいなー、なんて思いつつ運転し

富士宮口入り口の交差点を曲がるとなんか赤いランプが点き、警備員さんが止まるように指示している

霧が濃いので「霧で通行止めかなー?」なんて思っていたら

まさかのマイカー規制。

聞けば、今年は7月10日からマイカー規制に入っているらしい。

完全に失念していた。

っていうか今年早いな、おい!

富士宮口から登るのであれば水ヶ塚公園駐車場に車に駐めてバスがタクシーで、とのことなので

とりあえず水ヶ塚公園まで移動し、後から来る友人に連絡を取る事に。

で、水ヶ塚公園に着いたら登山するのであれば駐車料金1000円払うようにとのこと。

ここから登るかどうかも分からないので一時駐車で車を駐めて(1時間以内なら無料)

友人に連絡を取ると同じくマイカー規制を失念していたらしく、折り返して電話するというので

自分も他の登山口のマイカー規制とかについて調べる。

結果、分かったのは御殿場口は毎年マイカー規制は行われない、という事。

折り返しの連絡を待って、色々と話し合った結果

御殿場口から登る事になり、御殿場口に移動。

時期的にも早い上に平日なので、車もそんなに駐まっていない。

後部座席を倒してマットを敷いて、朝冷えるだろうから寝袋を体に掛けて就寝。