チーム・コバリン30周年

と、いうわけでチーム設立30周年お祝いする為の……旅行? 宴会?

……えーと、とにかくなんかそんなのをするとのことで。

土日を利用して静岡県は土肥のホテルで催されるんですが

土曜日に自走で行くって話だったのが天気予報でダメそうだったり微妙になったり

最悪日曜日に雨降ってもいいように車を増やして

自走組・ホテルからの往復組・道の駅からホテルへ走る組・ホテルへ直行組などに別れる事に。

まぁその辺り別に重要でもなんでもないんですけど。

んで、自分は一旦ホテル近くに車置いてそこから道の駅まで往復組に。

朝、道の駅富士吉田で清水さん、三上さん、三浦さんと合流してから土肥へ。

土肥に到着し、出発する頃には合流予定の道の駅には時間通りに着かない事が確実に。

途中でどっかで合流するという話で出発。

峠をいくつか越えて三戸シーパラダイス近くのコンビニで他の方々と合流。

そこまでの道中で1箇所結構速度出されて死人みたいな顔して走ってました。

復路はきっとゆっくり走るだろうと信じたけど、結局それなりに速い。

告知時にあった「ゆっくり走るので安心して下さい」みたいな一文はなんだったのか。

途中、岩下さんオススメのお店で深海魚の煮魚と刺身の定食を頂く。

美味しかったけど、深海魚は食べる部分少ないですね。

そして同じ事を確か日本一周時に因島かどこかで思った気がする。

……あれは深海魚だったっけ?

その後、今度は多少ゆっくり目な雰囲気を醸し出す感じで走る。

特にトラブル等無くホテルへ。

温泉入って部屋で乾杯してからバイキング形式の夕食へ。

皆さんその後カラオケとか行ったりしてましたが自分は早々に寝ました。

2日目。

チェックアウトが12時までというので、朝食を食べてから自転車で軽く走る事に。

堀君と二人で戸田の街中に入る直前で引き返し、ホテルまで戻る。

昼食は沼津まで車で移動し、いけすやさんで満腹定食を。

 

走行距離:114.8km
月間距離:897km

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車レースへ
にほんブログ村

【来年は】第15回Mt.富士ヒルクライム 2018.06.10【本気出す】

mt.富士ヒルクライムのアナウンス、「本日予定どおりに開催します」の本文。

本日予定どおり弟15回Mt.富士ヒルクライムを開催いたします。

って書いてあるんですけど。

俺の目が節穴で無ければ「第(だい)」の部分が「弟(おとうと)」になってるように見えるんですよ。

……いや、それだけなんですけど。

 

 

朝4時に目覚まし時計に叩き起こされる。

眠い目を擦りながら朝ご飯を食べて着替えて車に乗り込む。

途中パラつく雨にげんなりするけど会場に近づくにつれ雨足が弱くなり、一安心。

清水さん宅に車を駐めさせて頂く。

毎度ありがとうございます。

準備しながらサイコンを忘れた事に気づくが今更どうしようもないので諦める。

三上さん、堀君が合流し、会場へ。

なんか寒いような、そうでもないような、でもやっぱり寒いような。

そんな気温の中荷物を預けて自転車を待機場所に置いてコバリンブースへ。

挨拶したり雑談したり写真撮影したりしてからスタート位置へ。

さて、本来ならなんかこう、やる気とかそういうので気分が盛り上がるところなんでしょうが

先月の走行距離が70kmの私にやる気とかそういうのがある筈も無く。

一昨年頑張っちゃったおかげで3000番台スタートである事を嘆く始末。

ていうか、なんで一昨年あんなに頑張ったんですかね?

いやむしろ今年も頑張れよって話なんですけど。

いやそもそもなんで今年エントリーしちゃったんですかね?

お布団に包まれて眠りたい。

みたいな考えがグルグル頭の中を回る。

いつも以上にネガティブなのは天気予報(雨)のおかげか。

MCの人が「5合目晴れてます!」とか言ってるけど俺は信じない。

そんな感じで人間不信に陥っていたらレーススタート。

今年は女子が各ウェーブに振り分けられているのでスタート直後の大混雑がなく

スムーズに走り出せる。

うん、今年の俺には何の関係もないけれども。

料金所まではいい感じで進むも、その直後に力尽きて後はダラダラ進む。

3000番台の人たちに追い抜かれまくり、後方に誰も居なくなる。

そして5km地点手前で4000番台の人たちに追い抜かれ始める。

とりあえず今年の3000番台で一番遅いんじゃないかな、俺。

地面が濡れてたり霧で前方が見えなかったりと本降りよりはマシだけど

下りの事を考えると憂鬱になるコンディション。

この辺りで追い抜いていく山中さんに声援という名目の名前コールをしておきました。

多分普通に迷惑だったような気もしますがレース後にクレーム(あの声援の所為で15分切れなかった等)は来なかったので多分問題なかったと信じたい。

その後も色々な人たちに追い抜かれながら淡々とペダルを回す。

淡々と、というか無心でペダル回してました。

んで、4合目も過ぎ、奥庭駐車場も過ぎ、ラスト平坦区間直前。

聖一さんが自分の右側をぬるりと追い抜いていく。

今回、何もしておらず、ぶっちゃけた話足が残ってるっていうか余ってるので前を曳く事に。

とりあえず平坦区間を頑張るが、運動不足のおかげか腰が痛くなり

最後の急勾配手前で離脱。

その後、聖一さんを見送ってから写真映りを気にして少しでも車間が開いているところを探してペダルを緩める。

そして腕を上げてゴール。

んで、濡れたりしながら下山後。

聖一さんが無事に入賞を果たしていました。

いやー、役に立って良かったっスわー。

とか思ってたんですが、公開されたリザルトのタイム差を考えると俺関係なく入賞してたと思います。

さて、そんな役に立ったと願いたい私の記録ですが

ブロンズタイムにすら届かない1時間30分17秒というアレな記録。

一昨年シルバー、昨年ブロンズ、今年はブルーと着実に記録を落としていますが

来年はちょっと頑張ってゴールドでも目指そうかな、なんて思ってます。

最近色々とやる気無くて死んだような面で生きてるんですが

もうちょっとやる気出して行こうかな、と。

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村

チーム練(?):西湖周回

今年度から毎月第一日曜はチームで集まって練習する事になったので

少々気合を入れて起床。

結果、少々遅刻しながらも一応スタート前に集合場所に到着。

遅刻する人、後から合流する人など込みで

白鳥さん、聖一さん、佐藤さん、加藤さん夫妻、清水さん、三上さん、堀君と自分の9名。

尚、内藤さんと流石さんも途中で見かけましたがトライアスロンの方の練習らしい。

で、スタートして早々に千切れ、一人旅。

とりあえず30km/hか300Wのどちらかを維持して走ろうと心に決めるが早々に下回る。

次の目標は周回遅れにならない事、という非常に低い志に変更。

こちらはなんとか達成するが、多分あと一周走ってたら達成出来なかったと思う。

いや、周回されないのを達成とか色々とヤバいけど。

 

走行距離:68.81km

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車レースへ
にほんブログ村

伊豆合宿

朝4時半に眠い目を擦りながら起床。

ご飯炊くのを忘れていたという事実に直面し、とりあえず絶望する。

仕方ないので着替えて車に乗ってコンビニでおにぎりとか買って

そのまま集合場所である山中さんのお宅へ。

草田さん、清水さん、堀君も合流し、山中さんのキャラバンに自転車積み込んで出発。

道の駅伊豆ゲートウェイ函南に。

山梨と比べると暖かい。

これだけ暖かければ乗れるよなー。

とか思うけどそもそも暖かくなったところで自転車に乗るのだろうか。

などと思いながら出発。

尚、草田さんは自転車に乗らずに道の駅近辺を走るそうで。

内陸のよく分からない道をとにかく遅れないように付いていき

海沿いの知ってる道に出たら極端に遅れないように頑張る。

そして痛くなる膝。

天候には恵まれていますが、それを満喫出来ない我が体。

戸田を抜け、土肥のコンビニで休憩し、宇久須まで向かい、引き返す。

その間ひたすらフェリーの乗船代っていくらだろうかと考える。

まぁ考えたところで分からないのですが。

土肥の……なんか食堂でご飯を。

ミックス天丼と山中さんが奢って下さったイカ刺しの写真がここで入る予定だったのですがなんか写真をアップロード出来ないのでご想像下さい。

その後、函南ゲートウェイまで戻り、着替えとか済ませて宿へ。

途中、買い物などをし、宿で加藤さん、佐藤さんと合流し、酒飲んだり

食事したりヤングジェネレーションという往年の名作やら堀君の持ってきた伏字だらけのDVDやらを鑑賞してから就寝。

翌朝、朝食時に適度にご飯をお替りし、腹を満たしてから出発。

再び函南ゲートウェイへ。

前日と同じルートを走るわけですが、体のあちこちが痛い。

お留守番してれば良かったとか思ってる間にも他の方々は進んでいく。

仕方ないので自分も進む。

割と本気で膝が痛く、昨日フェリーの乗船代金調べれば良かったと思いながら走行。

なんだかんだあって戸田に下ったところで引き返すことに。

手前の駐車場じゃダメだったんですか……?

無事に函南に到着後、田ぶしでラーメン食べて富士吉田の道の駅まで向かい、解散。

ああ、いや、山中さん宅まで行ってから解散なのだろうか?

……まぁいいや、とにかく解散。

 

いやー、全然練習していないだけあって全然ダメでしたー。

 

走行距離:194.53km

 

富士吉田一周

なんかもう練習とかいいかなぁ……

みたいに思い始めてるわけですが

加藤さんと堀君が練習するらしいので便乗する事に。

が、集合場所に辿り着く前に痛み始める膝。

引き返す事も視野に入れつつ、とりあえず集合場所へ。

膝が痛い事を告げるも要所要所で待っているという有り難いお言葉を頂く。

強度を上げるのは最後だけと聞いていたはずが割と序盤から上がる。

これはあれだろうか? 俺にとってはキツイが前を行く二人には温いんだろうか?

などを考えながらメーター見ると400wは越えている。

最近全然練習してないからうろ覚えだけど

これは温いペースとは言い難いのではなかろうか。

それともやはり俺にとっては(略)

そんな感じで遅れるもしばらく行った所で待っている二人。

完全に足手纏い状態なので俺の事は放置して頂きたいのだがその後も遅れる度に待って貰っている状態。

そんな事を繰り返してスタート地点に到着後、解散。

帰宅してから二階に上がり、一階に降りようとした所でかなりの痛みが膝を襲う。

今現在はなんともないけど、あまり無理はしないようにしようと思いました。

 

 

走行距離:53.87km
月間距離:80.40km

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車レースへ
にほんブログ村

初走り

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

 

山中さん、清水さん、堀君と4人で若彦を往復。

自分、全然運動してないので相変わらずダメでした。

いや、もう練習とかじゃなくて運動してないので。

8日に伊豆を走るらしいんですが、生きて帰れるんだろうか……

 

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車レースへ
にほんブログ村

多分来世も頑張らない

帰宅したら1時だったコバリンの忘年会の翌朝。

起きるのも怠いけど西湖で練習するらしいので

(速度的な意味で)一緒には走れないけど西湖まで移動。

少々早く着いたので一人で軽く走ってみるが身体が重い重い。

全員集まってから着いていこうとするも多分2kmも保たずに置いてけぼり。

その後はダラダラとほぼ一人で走るような感じで終了。

これから頑張るとは一体なんだったのか。

もういいよ、来世から頑張るよ。

 

走行距離:69.16km

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車レースへ
にほんブログ村

EKIDEN for Peace2017 富士山・山中湖チャリティー駅伝大会 のお手伝い

朝も早い時間……でもない時間から起きて飯食って

多分1週間以上ぶりに自転車に乗って山中湖へ。

集合場所のきららにてビブスとかを受け取り、しばらく待ってからスタート。

相も変わらず最後尾を2時間くらい守って終了。

毎回思うんだけど、先頭の人ってすごく速い。

終わってからは何故か堀君と照生君に引き摺り回されるように二十曲峠とやらに行くハメに。

そんな感じの、日曜日。

 

走行距離:96.54km
月間距離:96.54km

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車レースへ
にほんブログ村

LSDトレーニング……のはずが。

西湖まで自転車を車に乗せてひとっ走り。

寝坊したんで、車で行ったんですがある意味で大正解でした。

西湖に行くと富士チャレとか清水町クリテに燃えているコバリンの方々が。

来年の為のベース作りに来た自分とは住む世界が違うので開始早々置き去りに。

あ、勿論される方ですよ?

なんかのサイクリングイベントがあるらしく、徐々に人が増える西湖北岸側。

急ぐ必要はないので適度に追い抜く。

そんな感じで真面目にダラダラ走っていたら8周目の終わりで腹の調子が……

トイレに駆け込み、事なきを得るが、どうにも調子が悪い。

なんだかんだで誤魔化し誤魔化し10周したけど、良くならないのでリタイア。

結局100km弱をダラダラ走っただけという微妙な感じに。

まぁ、全く何もしないのに比べれば全然違うとは思いますが。

そんな感じで、年内は恐らくレースとか出ない気がするんで

まったりのんびり乗る感じで行きたいと思います。

あ、いや、大磯クリテくらいは出るかも?

 

走行距離:98.54km
月間距離:98.54km

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車レースへ
にほんブログ村

マウンテンサイクリングin乗鞍2017 2017.08.27

朝4時に起きて、朝食やらなにやら済ませ、多少時間を持て余してから出発。

山中さん宅にて自転車を山中さんの車に積み込むわけですが

ここで我が愛車に蜘蛛の巣が張っている事が発覚。

どんだけ乗ってないんだ、俺は。

そんな事を挟みつつ清水さんと3人で双葉SAへ。

双葉SAでまちさん、堀君と合流後、再出発。

道中、雨が降ったりと本日の試走が危ぶまれる。

まぁ、結局現地着いたら普通に晴れててなんの問題もなかったわけですが。

宿に車を駐め、着替えと自転車の組み立てを済ませる。

そして自転車で試走へ。

が、試走禁止との事で途中で止められる。

仕方ないので付近の散策的にブラブラと走る。

その際、清水さんの自転車にトラブルが発生。

大会会場のマヴィックブースにて修理。

受付やら買い物やら昼食やら済ませてから宿へ

買い出しと風呂を済ませ、とりあえず酒飲みつつダラダラと。

泊まりでレースとか出る時って明るい内から飲んでる気がする。

気がするっていうか、飲んでる。

なお、お酒飲んでる時におつまみ食べ過ぎたせいで夕食がきつかった。

食べきったけど、意地で。

その後、就寝。

 

翌朝。

昨夜早い時間に寝たこともあり、4時のアラームでバッチリ起きる。

ヒルクライム参加者の為に朝食が5時から食べられる。

ご飯3杯目の時点で「3杯も食うの!?」みたいな感じになったので3杯で辞めておく。

いやほら、食べないと力出ないじゃないですかー。

その後、下山用の荷物を預けに行く人達を見送って布団に入ってゴロゴロする。

予報晴れだし、防寒着とか必要じゃないと思ったので。

で、7時頃。

チャンピオンクラスがスタートした頃に宿を出る。

wいや、だって自分と堀君のスタートとか8時24分だし。

適当に自転車置いて、スタートを待つ。

日差しが強い中、スタートを待つ。

日差しが強いっていうか、暑い。

山中さんとまちさん、清水さんが順次スタートし最終組である自分と堀君もスタート。

何故か先頭付近に並んでいたんですが、気付いたら先頭へ。

後ろを見ると少し離れた所に集団が居て、自分1人飛び出す形に。

全く練習していないのでとっとと集団に埋もれ、ダラダラ走りたいが何故か誰も追い抜かず。

半分泣きそうになりながら善五郎の滝付近までトップを独走。

その直後にようやく先頭集団が追い抜いて行ってくれた。

そこからは淡々と踏んでいこうとするが、ふとサイコンを見ると止まってる。

なんだか気持ちが萎えるが、オートポーズを切って計測再開。

タイムも分からないのでなんとも微妙な気分で走る。

チェックポイントではアクエリアスを貰い、喉を潤す。

コーナーではイン側をダンシングで駆け抜けるが

なんというか、無駄に調子がいい。

ほぼ全部のコーナーをそんな感じで抜けるが、脚には結構な余裕が。

これはもっと頑張った方がいいのではないかと思い始める。

とりあえず二つ目のチェックポイントで再びアクエリアスを貰う。

んで、試しに少し頑張ってみたところ、少し腰が痛くなったのでそこそこ頑張る方向へ。

そのまま淡々とマイペースで最後まで上り、無事にゴール。

1時間28分とかそのくらい。

全然練習してなかったので、トップの2倍とかそんな感じのタイムになると思ってた。

下山後、会場でアミノバイタルやら水やら貰ってから完走証を発行して貰い、宿へ。

自転車をバラして車に積み込んでから宿のお風呂へ。

レース後にのんびり風呂入れるとか最高ですわー。

帰りに諏訪湖SAで飯を食べてから岩下さんのお見舞いへ。

特に問題無く快方に向かっているとの事で一安心。

山中さん宅で解散後、なんかのお祭りで通行止めになっており

結構な渋滞に巻き込まれた。

 

来年向けの備忘録。

雨予報でも無ければ下山時にはウインドブレーカーすら要らない。

朝晩は冷えるので寝間着として上下ジャージでもいいかも。

クーラーボックスがあると色々便利。

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村