雪頭ヶ岳・鬼ヶ岳・鍵掛峠 2016.01.24

朝起きて、すぐに外を確認するとベランダや車の上に雪が僅かに積もっている。

が、道路は白くなっていなかったので出かける準備。

朝ご飯を食べてから西湖の駐車場まで移動。

H君と合流し、登山開始。

登山道に入る前の住宅地から既に雪が積もっているので軽アイゼンを装着。

ちなみに今回昇る雪頭ヶ岳と鬼ヶ岳は去年、同じような時期に登った際

途中で道が分からなくなって引き返した事があるのでそのリベンジマッチです。

先週、雪が降った後に数名登った人が居るようで、足跡を利用しつつザクザク登っていきます。

途中、景色の開けたところで写真を撮ったり、軽めの休憩をしたり。

鎖場というか、ロープの張ってあるところを越えて、以前道が分からなくなったポイントへ。

今回は普通に足跡もあり、問題なく通過。

道が分かれば前回も行けたと思われるが、分からなかったもんは仕方ない。

ひとまず雪頭ヶ岳へ。

富士山はよく見えるが、甲府方面から黒い雲が。

天気予報は一日晴れだったんだけど、明らかに降るだろこれ。みたいな雲。

天気予報を信じ、鬼ヶ岳へ。

足跡からして歩いた人が減った印象。

途中、下る必要があるんですが、この時に靴の中に雪が。

スパッツ持って来れば良かったと軽く後悔。

そんな一幕を挟みながら鬼ヶ岳登頂。

この頃には頭上は黒い雲に覆われていました。

で、お湯を沸かしてカップ麺に注いで待っている間に雪が降ってきました。

ちなみにこの時の気温はマイナス13℃くらい。

カップ麺食べて撤収し、鍵掛方面へ。

しばらく歩いていると、再び快晴。

山の天気は変わりすぎる。

鍵掛峠の分岐で根場方面に。

一か所、雪崩が起きたっぽい場所がありましたが、特に問題なく下山。

大磯クリテリウム 第4戦 2016.01.17

朝いつもより少し早い時間に起きて、食事済ませて車で大磯へ。

今回は午前中に応援もないので適当にその辺走ろうかと調べていると

ヤビツ峠が意外と近い事に気づいたので行ってみる事に。

片道約25km、ヤビツ峠の傾斜とか距離とか知らんけど2時間半は掛からないだろうと。

とりあえずグーグル先生に指示を仰ぎつつ、こっちの方がいいんじゃない?的なとこは自己判断で。

曲がる交差点の信号の名前だけ覚えて行ったので、信号の度に注意深く確認していたら

ご丁寧にも青看板にデカデカとヤビツ峠って書いてあった。

「信号脇にコンビニのあるところから計測してる」みたいな話だけ覚えていたので

セブンイレブンのある信号から頑張ってみたら少し先で信号に引っかかる。

そしてその信号の脇にデイリーヤマザキが。どう考えてもここからです。

とりあえずここから頑張って、無事初めて来たけど見覚えのある看板に。

スタート地点で計測していなかったのでタイムが分からないままモヤモヤしつつ下山。

まぁどうせ大した事ないからいいと言えばいいんだけど。

ちなみに、大磯ロングビーチから信号待ちなど含めて掛かった時間は2時間20分。

大磯ロングビーチに戻って照生君ご家族と合流。

そしてヤビツ行ってる間に電話とか貰っていた事を知る。携帯電話の意味が無い。

受付を済ませて菅谷さんに暖かい飲み物を頂き、準備して検車とライダーズミーティングを済ませる。

そして招集場所へ行くと、相変わらず半袖は俺一人。

半パンにもしようかと思ったんですけど、オイル忘れたし、レッグウォーマー脱ぐと寒そうだったので。

スタートの整列では相変わらず後ろの方、スタートの号砲が鳴っても後ろの方でヒラヒラ。

途中、何回か前の方へ行こうと試みるも、全部失敗。

このまま後ろの方でダラダラしてても意味ないのでラスト2周半の時に前に出る。

一人、飛び出して居たので勢いよく飛び出し、がっつりその人の目を見て頷き、勢いそのままにコーナーに突っ込み

ホームストレートの立ち上がりでチラッと後ろ見たらその人は居なかった。

アイコンタクト失敗。

まぁ元々一人で行くつもりだったからいいんだけどさー。と若干拗ねながら頑張る。

小田原コーナーの立ち上がりまでに後ろに詰められているのには気づいたけど

とりあえず出来るだけ頑張ろうと踏み込む。

……が、正直ここに至るまでに気づいていたんだけど、俺に53Tを踏む力は有りませんでした。

それでも、なんとか頑張るけど、思っていた以上に踏めない。

結局、平塚コーナーまで保たずに捕まる。

ボコボコ追い抜かれながら「もうちょっと行けると思ったんだけどなー」と一人思案。

で、思い至る。

ろくに体力もないのにヤビツ峠とか登ってる場合じゃねーなー。

次回までにヤビツ登っても問題ない実力を付けておこう、無理だけど。

結局、完走者の中では最下位。女性にも追い抜かれました。

で、お次は照生君の出番。

「今日は中の方に居ます」という宣言通り、ずっと中に。

そしてそのまま最終回に突入。

位置的に「これ、何も出来ずに終わるんじゃ……」という周囲の不安をよそに、2位入賞。

表彰式までバッチリ見てから帰路に。

ヤビツ峠、道中もアップダウンあって悪くない感じだったので次回も応援とか無ければ行こうかと思ってますが

2月だし、多分上れないんじゃないかなー

まぁ行くだけ行ってみる感じで。

走行距離:61.98km
月間距離:325.90km

スーパーママチャリグランプリ 2016.01.09

朝4時に起きて軽く食事して集合場所である道の駅富士吉田に移動。

参加者が2台の車に分乗し、途中のコンビニで食料とか買いつつ富士スピードウェイへ。

現地にたどり着いた時点ではまだ暗く、そこそこ寒い。

前日に受け付けしてくれた方達が取ってくれた場所に荷物を下ろしたりした後

ピットでの場所取りへ移動。

IMG_6194

無事に場所を取ったらスタート時間までまったり待ちます。

そしてスタートしたら、凄い勢いで先頭が通り過ぎていくのを眺めます。

後は順次交代しつつ、自分の番で苦しい思いをするのを繰り返すだけの単調な一日になるはずだったんですが

なぜか今回に限ってチェーン落ちはするしパンクはするし、もう一回チェーン落ちるしとトラブル連発。

それでも龍太郎君を始め、チームの皆さんの必死の走りによりに4位。

いやー、しかし龍太郎君の走りは凄かった……

というか意味が分からなかった。

格の違いを見せつけるってああいう事を言うんでしょうね。

んで、レースも終わってトロフィーを貰って車で帰るわけなんですが。

駐車場から車が一向に動かない。

そりゃもう動かない。

結局、1時間以上駐車場で立ち往生させられました。

んで、無事に道の駅に戻った後は打ち上げ会場へ。

全員は来られませんでしたが、色々と楽しいお話が出来て良かったです。

で、話も盛り上がって23時半頃解散し、お酒を飲んだ人達を送った後に帰宅。

もうかなり眠いので風呂に入って汗だけ流そうと思ったのですが、よほど眠かったんでしょうね。

「熱めの風呂で目を覚まさないと」という謎の思考で熱めの風呂に入り

血流が良くなって回り始めた頭で「いや、目ぇ覚ましてどうする」と浴槽の中で項垂れてから就寝。

かなり眠気が吹っ飛んだらしく、1時までは普通に記憶がある。

これを書いてるのは翌日、10日なんですが

来年はもうちょっといいタイム出せるように頑張ります。

いえ、今年も去年に比べれば大分速くはなっているんですが、それでもチーム内で遅い方なんで。

来年はとりあえず8分30秒は切りたいですねー

新年走り初め&将棋再開

既に三日ですが、あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

さて、ここのところ自転車に乗っていなかったんですが、今日久しぶりに乗ってきました。

朝5時に起きて飯食って6時に集合場所に行き佐藤さん、山中さん、照生君と合流。

そこから移動して、いつもの千本松へ。

海岸沿いの道をのんびり、というには多少速い速度で突き進み、サッタ峠へ。

CIMG0393
富士山の雪が少ない。

で、元々は由比の町中でかき揚げ丼でも食べる予定だったんですが

時間が早いので清水港へ

途中、照生君がパンク。

なんかメニュー豊富そうなお店へ入店。

CIMG0395
CIMG0396

食らう。

カマの揚げ物はとても美味しかったです。

そして帰りの道中、山中さんがパンクしたらしいんですけど

自分と照生君は気づくこと無く先行。

二人が居ない事には恐らく早い段階で気づいていたと思われるんですが

特に何も考えずに進みました。

で、千本松までひたすら走り、たどり着いてから一度Uターン。

お二人と合流後、千本松に戻り、現地解散。

帰宅して風呂に入った後、きったんさんに誘われるがままに将棋を始める事に。

2局ほど指して惨敗。

十数年将棋とは縁が無かったので頭が熱暴走。

暇を見て腕を磨こうと思います。

走行距離:92.4km
月間距離:92.4km

新年だけど、日本一周した変態達の忘年会 最終日 2016.01.01

朝、6時に起きられる人は起床し、初日の出を見に行く事に。

車の運転するの面倒くさいので、天ぷらさんの車に乗っていたが

車足りないらしく結局運転する事に。

楽をしたかった……

潮干狩りとかするらしい海岸でひたすら日の出を待ちます。

そして、ただ日の出を待つという間にもアキラ君はみんなにいじられます。

shin_698
shin_2962

日の出とそれを見る人達(一部)

はい、日の出見たらさっさと戻りますよー、寒いですからねー。

IMG_6151
IMG_6154
IMG_6158 IMG_6161 IMG_6164

戻ったら戻ったで撤収準備やらひょくさんによるブロンプトンの販促実演会。

実際、ちょっと欲しくなった。金無いけど。

まだちょっと時間あるなー、なんて思いながらバンガロー内に居ると

IMG_6169

なんか始まった。

状況を説明するのもなんかアレなんですが

天ぷらさんが誰か(失念)に貰ったラブライブというアニメ内の高校のジャージに、μさんが天ぷらさんの好きなキャラの名前を書くという……

えーと、なんだこの状況?

何言ってんだか意味わからないと思いますが、大丈夫、俺も意味分からない。

まぁそれはともかく、書いた字がこちら。

IMG_6171

達筆だなぁ……

正直、この辺りまでは天ぷらさんの事は特別変態だとは思っていませんでしたが

この直後に非常に熱心にこのジャージと、上の写真で着用していたサイクルジャージの写真を熱心に撮影していた辺りで

「あぁ、うん……」ってなってました。

0日目では好印象だったんですけどね?

IMG_6185

その後、きったんさんとFujicoooooooh!!さんが一局。

きったんさんが飛車角落ちで且つ飛車と角をFujicoooooooh!!さんに持ち駒として使ってもらうというハンデバトル。

が、きったんさんが勝利を収めていました。

尚、この後きったんさんに誘われる形で将棋を始めましたので誰かご指導お願いいたします。

IMG_6181

ラブライブ!を鑑賞。

で、そんな感じでダラダラしていても、終わりの時間が近づいているわけで。

各々自分の荷物を片付け、車に積み込んだり、自転車に積み込んだり。

集合写真撮ったり。

新年会_8370

気持ちいいくらい目ぇ瞑ってるなぁ……

この後は流れ解散みたいな感じ。

雪路君と抹茶さんを乗せて帰路に。

抹茶さんセレクトのアレな曲を流しながら途中で休憩したり、爆睡する二人に邪念を飛ばしたりしながら運転。

大月駅で二人を下ろしてから、帰宅。

企画したり幹事したりしてくれたそっぴーさんとこーへーさんには感謝してます。

こーへーさんには感謝の言葉どころか、むしろ罵った覚えしかないんですが、感謝してるんだよ? 本当だよ?