清水町ゆうすいクリテリウム 2015.10.25

朝5時に起きて朝ご飯食べて着替えて出発。

初めてワンピースを着るにあたって

「あれ? 着て行った方がいいの? 現地で着た方がいいの?」ってな迷いがありまして。

現地行ってあたふたするよりはいいかなーって事で着て行きました。

んで、現地の地理とか詳しくないのでカーナビに導かれるまま車を走らせたんですが

なんか、予想よりも異様に近いというかなんというか……

あのー、俺どうやら勘違いしていたようで。

ずっと静岡市清水区の事だと思ってました。

いや、なんでそう思ってたのかは分からないんですが。

まぁ、とにかく現地にやけに早く到着し、どうしたもんかと思ってると

照生君ご家族が既に到着してる旨がLINEで流れてきたので合流。

雑談したり受付行ったり検車行ったりたり。

IMG_4015

んで、結構時間潰してるとポツポツ集まり始まるチームメイト。

やっぱちょっと到着早すぎたらしい。

コース脇に観戦体勢を整え、そこからまた更に時間を潰してからようやく試走時間に。

IMG_4039

事前に、以前参加したメンバーから走りやすいとは聞いていたけど直角コーナーだし

不安に思っていたが道幅も広いのでかなり速度出して突っ込んでも問題なく曲がれる。

で、試走後、男子ジュニア、U-15、U-17が一括りでスタート。

照生君が健闘するも、4位と入賞ならず。

続く女子カテゴリーでは加藤志保さんが3位入賞。

この勢いで男子スポーツ30~40で入賞出来ればいいんですが

とりあえず自分は無理なんで堀君頑張ってくれねーかなー、と思いながらスタート。

それなりに速度が出てると思われるが、加減速がほとんどないので

キツイながらも集団に着いて行くだけならなんとかなる。

「あれ? これ完走出来るんじゃね?」とか思い始めた10周目。

第1コーナーを曲がった時点でやや膨らみ過ぎた選手が居て、なんとなく危険を感じて少し減速。

そこへ更に膨らんだ選手がやってきてそれを避けた選手だったか膨らんだ選手本人だったかは不明だが(確か避けた方が)落車。

位置的にほぼ自分の正面なので全力ブレーキでなんとか接触する事もなく停止。

減速しておいてよかったー、とか思いながら前方を見ると集団は第2コーナー曲がった辺り。

無理だろーなー、とは思いつつもこのまま終わるのは癪なので全力でペダルを踏み

追いつく事なく大体1周で力尽き、後はもう流す感じでスタートゴール地点へ。

「集団から落ちるようなゴミは失せろ!」と言わんばかりに退去させられる(被害妄想)

結果は11周でDNF。

堀君も入賞は逃した模様。

続くスポーツ40~45では山口さんが2位入賞。

そしてビギナー40才以上で岩下さんが優勝。

レース2回目だったのに、道中先頭を牽くわ最後はスプリントで競り勝つわで堂々とした優勝。

そして最後に行われるエリートクラス。

コバリンからは3名が出場。

内一名は先ほど入賞した山口さん。まさかのダブルエントリー。

遠くてイマイチ聞こえなかったけど、スタート前に紹介され、拍手されてました。

で、レース。

周回賞(10周と20周に設定)を両方とも清水さんが獲り、このまま優勝したすげー! とか盛り上がるも

流石に脚が残っていなかったらしく、入賞者はなし。

その後、表彰式を経て解散。

チームとしては入賞者とか出していい感じですが

個人的には不完全燃焼感が……

完全に実力不足で千切れたらそれでいいんだけど

落車絡みはもやもやした物が残りますねー

まぁ、あそこで追いつける脚がなかったと思うようにします。

雲取山 鴨沢コース 一泊二日(テント泊) 2日目 2015.10.18

日の出を見るために3時半にアラームを掛けるも

周囲の雑音やら足音やらで3時前には完全に目が覚めた状態。

隣のH君も起きてコーヒー飲んだりしてた。

のそのそ起きてテント内で準備して、外に出たら満天の星空。

だがデジイチは無い。

ダメ元でスマホで撮ってみたけど、やはりダメだった。

そんな事をしてからアタックザック担いで雲取山山頂方面へ。

途中、小雲取山があるらしいのだが、どこだか分からずに通過し、山頂へ。

1445384118128
この他に、山梨県版と埼玉県版があります。

まだ薄暗いながらも、結構人が居た。

日の出時刻になっても、雲が出ているせいか太陽は見えず。

結局15分くらい遅れてようやく太陽を拝む。

もう用はない、と言わんばかりにテントまで引き返す。

荷物が軽いと足取りも軽い。

テントに戻って朝食。

1445384140544

わざわざ重量増やしてまで持って行ったバウルーシングルでホットサンド。

あ、食パンは先日販売開始した大豆粉食パンです(唐突に挟まれるCM)

山頂で食べると美味しく感じるね、例え少々焼きすぎていても。

朝食を済ませて、テント内部を片付けてからテントを乾かせつつ撤収。

フライシートや本体はそれほどでもないけど、グランドシートはびっしょり。

といっても、天気もいいので割と速く乾きました。

完全に撤収し、下山開始。

1445384157237

昨日は雨降ってて撮る気にもならなかったツイストツリー。

1445128138668

昨日は雨降ってて寄る気にもならなかった七つ石山。

そのまま下って七ツ石小屋に立ち寄り、水場で飲料水の補給と休憩。

ついでにバッジの購入。

そのまま下って駐車場に戻り、車で帰宅。

雲取山 鴨沢コース 一泊二日(テント泊) 1日目 2015.10.17

天気予報は午前中は雨、午後から曇りという予報。

朝起きた時点で霧雨だったけど、登るって言っちゃったので雲取山登山へ出発。

5時にH君と合流し、奥多摩湖へ。

本降り、とまではいかないけど小雨というにはやや強い雨。

まぁ、行けるだろ。というわけで鴨沢駐車場(?)に駐車。

NCM_0350

準備してレッドブル飲んで出発。

尚、今回は雨が降っているのでデジイチはお留守番。

国道を歩き、住宅地を抜け、なんかよく分からない山道を抜けて、舗装路を歩き、ようやく登山口へ。

NCM_0352

多少強くなったり弱くなったりする雨の中をテクテク歩き、何度かの休憩を挟んで七ツ石小屋へ。

この付近では、雨が大分強くなっており、本降りになってました。

小屋の方にこの先のルート(七ツ石山経由or巻き道)について教えて頂き

一見距離は短いが時間が掛かるらしいので七つ石山はスルー。

尾根道にぶつかった辺りで雨は上がるも、霧に包まれている感じ。

そのまま尾根道を歩いて奥多摩小屋に行き、テントの設営料支払ってからテント設営。

NCM_0360

設営自体は散々やったので手慣れたもの。

レインジャケットやらザックカバーをテントの上で干し、内部で寝床を整えてからダラダラと過ごす。

そして夕飯の支度。

1445302082814

調子に乗って米2合炊いて、カレーライス。

明らかに米の方が多い。

そして日本一周中にも思ってたから今更なんだけど、米炊くの面倒臭い……

というか炊いた後始末が面倒臭い。

分かっててやったけど、面倒臭い。

これはアレだ、4人以上のグループとかでわいわい言いながらやるとかじゃないと

面倒臭いという印象の方が勝つ。

単独とか、各々で食事する場合はラーメンとかアルファ米とかの方がいいわ。

いや、分かってたけど。

なんかこう、「山の上で米炊くのって素敵☆」みたいなお花畑思考してたんですよ。

懲りたのでもうやらないけども。

1445302110518

そして飯食ってしばらくダラダラゴロゴロして、あまりにも暇なのでお酒に逃避。

そもそも好きでもないので逃避出来なかったけど。

夕日みたり星眺めたりしてから就寝。

意外と寒くなく、無駄に持って行ったブレスサーモジャージと寝袋で心地良く眠れました

モンベル トレッキングパック80の購入

オスプレイのイーサー70とか、いくつか候補はあったんですが

結局、モンベルのトレッキングパック80を購入しました。

IMG_3955
(赤い、赤いよ……)

決め手ですか?

Amazonで対象商品を2点買うと15%オフというキャンペーンやっていたからですね。

後はまぁ、先日モンベルショップで実物触ってみたら思っていたよりも良かったので。

とりあえず、一通りいじって撮影とかもしたのでインプレッションでもないですが、そんな感じのを。

IMG_3956

トップリッドは本体から外せて、アタックザックになります。

IMG_3959

こんな感じで裏側にベルトが収納されているので

IMG_3960

本体と接続するのに使用されている……これ、なんていうんだっけ?

バックルでいいのか? まぁ、バックルと接続すると、こんな感じになります。

ベルト長さ調節してないから、このままだと背負えない気がするけど。

IMG_3958

また、このトップリッドにレインカバーが内蔵されています。

こちらもザックと同じく赤です。

ザック本体に臙脂色が使われている事を考えるとこっちの方が赤です。

どうでもいいけど、多分モンベル的には「臙脂色」という表記ではなく別の横文字使ってると思います。

IMG_3961

トップリッドのポケット。

裏側に一つ、表側に二つあり、レインカバーで多少圧迫されているけど容量自体は10Lくらいはありそう。

んで、お次は本体の方。

IMG_3962 IMG_3963

背中側上部にこんな物があり

IMG_3964

展開させると、このような袋になっており、ハイドレーションパックを収納出来ます。

IMG_3968

外側に着いてるポケット。

レインジャケット、レインパンツを入れてもかなり余裕がある。

IMG_3966IMG_3967

トップリッドを開けなくても荷室にアクセス出来るフロントジッパー。

自分的に、そんなに使用しないであろう機能ですが、あった方が便利。

IMG_3969

ストックとかを括り付けるベルト。

最近、ストックを使用しないというか持って行かない事が多いので別の事に使われそう。

IMG_3971 IMG_3972

サイドポケット。

上からと、前からの2方向から物を入れられる。

飲み物とか入れようと思ったら前から一択。

IMG_3973

ヒップベルトポケット。

IMG_3974

ギリギリではあるが、スマホとダンボーのモバイルバッテリーが入る。

いや、本当にギリギリな感じだけど。

携行食の類なら、それなりの量が入ると思います。

で、容量80Lってどの位入るのよ? という疑問が浮かんだので、手元にある物を色々と突っ込んでみました。

突っ込んでみた物は

モンベル、ムーンライトテント2型及びグランドシートと旧U.L.スーパースパイラルダウンハガー#3

サーマレストのZライトソル、先日購入したバウルーシングル、ジェットボイルフラッシュ

レインジャケット、レインパンツ、ミズノのブレスサーモジャージ上下

バランスの類は一切考えず、とりあえず突っ込んでみたけど、まだ結構余裕がある。

といっても、食料とか飲料水入れたら割とギリギリかな。

テントは袋に収納したまま入れたし、サーマレストのシートも収納袋のまま入れたので

ちゃんと入れればまだまだ入りそう。

そこら辺は追々やろうかと思ったけど、これ使うの今週末だよさっさとやらないと。

あ、ちなみに今週末登るのは雲取山で、鴨沢コースを登る予定です。

 

[モンベル] mont-bell トレッキングパック 80 1223357 SURD (SURD)

モンベル(mont-bell) テント ムーンライトテント 2型 アイボリー IV [1~2人用] 1122287

モンベル(mont-bell) テント ムーンライト 2 グラウンドシート グレー×ライトグリーン GY/LG 215×145cm 1122316

THERMAREST(サーマレスト) 寝袋 マット Z Lite Sol Zライト ソル シルバー/レモン R (51×183×厚さ2cm) R値2.6 30670 【日本正規品】

バウルー シングル

前々から何かしらホットサンドメーカーが欲しいなー、と思って居たんですが

優先順位がかなり低く、ほぼ放置状態だったんですが

テント泊の朝食にあれば便利だな、と優先順位急上昇。

ほら、米炊くの面倒臭いし。

で、色々調べたりして購入したのがこちら

IMG_3942

姉妹品のバウルーダブルやスノーピークのトラメジーノと迷ったんですが

ダブルの方は真ん中に仕切りがあり、焼くときに具材の量を少なくする必要があるとの事。

トラメジーノもまぁ似たような理由に加えて、パンの耳を切る必要があるので。

そんなこんなでバウルーシングルに。

で、内容物。

IMG_3943

本体、取扱説明書。以上。

うん、シンプルだ。

というか説明書がシングル・ダブル・ワッフルトースター全部一纏めにされている。

いい手抜き加減だ、こんなトコにコスト使っても仕方ないし。

ロングセラー商品なのでわざわざレビューとかするのもアレですが

近い内、少なくとも次の登山までには何か挟んで焼いてみます。

イタリア商事 ホットサンドメーカー ニュー・バウルー(シングル)BW01

イタリア商事 ホットサンドメーカー ニュー・バウルー(ダブル) BW02